呪術廻戦の寮の間取りはどうなっている?寮の情報も!

呪術廻戦の寮の間取りがどうなっているのか、知りたい人は多いんじゃないでしょうか!?

今回は呪術廻戦で登場する寮の間取りはどうなっているのかについて解説していこうと思います。

主人公の虎杖悠仁は宮城県仙台市出身であるので、東京にある東京都立呪術高等専門学校にある寮から学校に通う事になったのです。

そのため、寮がどんな感じになっているのか知りたい人はいると思います。

なので、寮の間取りや寮の詳細などについて解説していきますね。

呪術廻戦の寮の間取りはどうなっている?寮の情報も!:間取り

まずは間取りについて解説していこうと思います。

間取りに関しては正確にどれくらいかは分かっていませんが、恐らく1Rくらいではないでしょうか。

その根拠と言えるのは第1巻第3話で五条悟が虎杖を個室へと案内した時です。

用意されていた個室では必要最低限の家具しかなかったので、1Rである可能性が大。

キッチンが存在しているのならば1Kとなりますが、虎杖に用意された個室の様子からキッチンがある感じには見えません。

そのため、東京都立呪術高等専門学校の寮の間取りは1Rである可能性が高いのです。

呪術廻戦の寮の間取りはどうなっている?寮の情報も!:寮の詳細

次は寮の詳細について簡単に解説していこうと思います。

東京都立呪術高等専門学校の寮の間取りは上記でも述べたように1Rの可能性が高いです。

そして部屋には1人用のベッドがあり、勉強机ぐらいしか家具がありません。

そのため、備え付けの可能性があるベッドや勉強机以外の家具が無いシンプルな部屋となっています。

実際、虎杖はベッドの傍に女性のポスターを張り付けていた事から、アレンジは自由。

寮には未登場ながら料理を作ってくれる寮母が存在しており、家族ごと寮に住んでいいと言う決まりも存在しています。

呪術廻戦の寮の間取りはどうなっている?寮の情報も!:使っている者達

次は寮を使っている者達について解説していこうと思います。

虎杖と伏黒は間違いありませんが、後は釘崎、パンダ、真希、乙骨と殆どの東京都立呪術高等専門学校の生徒が使っている可能性が高いです。

虎杖の場合は宮城県仙台市の出身であり、しかも特級呪物である両面宿儺(りょうめんすくな)の指を食べた事で宿儺の器になってしまいました。

そのため、学校に通って経過を見る必要があるので寮に入寮する事になったのです。

伏黒の場合は亡き父親の伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)の実家が禪院家であり、家の介入を阻止するために五条が伏黒を説得して引き入れました。

姉の津美紀(つみき)が呪いで意識不明の状態にあり、禪院家は男尊女卑なので入寮を決めた可能性もありますね。

釘崎は盛岡まで4時間かかる田舎の出身であり、元々学校に通う予定であり、田舎の事を嫌っていたのもあって寮に入寮する事になったのです。

パンダの場合は学長の夜蛾が生み出した突然変異呪骸(とつぜんへんいじゅがい)であり、恐らく急に暴走しないかどうかを確認するために入寮させていた可能性があります。

渋谷事変後に上層部がパンダの作り方を求めていた事から、パンダを守る為に入寮させていた可能性も大です。

真希の場合は男尊女卑の禪院家では妹の真依を守る事が出来ないから、力をつけて見返すために学校に通うことにし、入寮したのでしょう。

乙骨の場合は特級過呪怨霊・祈本里香に取り憑かれた特級被呪者(とっきゅうひじゅしゃ)だったので、制御するために五条の誘いを受けて入寮しました。

本編では渋谷事変後に戻ってくるまでは外国に行っていましたが、恐らく寮は保存されていた可能性があります。

棘はどうなのかは分かりませんが、2年生組が殆ど寮で暮らしている事から恐らく彼も暮らしている可能性が大。

秤等の3年生も使用していると思います。

呪術廻戦の寮の間取りはどうなっている?寮の情報も!:まとめ

呪術廻戦の寮の間取りはどうなっているのか、寮の情報などについては以上です。

寮に関してはあまり重要ではないのか描写は少なめですが、見た感じは普通の学校の寮と変わらない感じだと思います。

本編を見ていると他の地方出身者や問題がある生徒を抱えている感じがあり、受け皿になっている感じがしていいなと思いましたね。

タイトルとURLをコピーしました