バレンタインのチョコの意味は?あげるものの意味とは?

イベント

バレンタインにあげるものに意味があると聞いたことはありますか?なにげなくあげているそのお菓子自体に意味が存在するものがあるようです。この記事では、バレンタインにあげるものの意味についてまとめてみました。

知らずに送ってしまい、気持ちを伝えるメッセージと受け取られ、勘違いされてしまう可能性もあるので、そのお菓子の意味について、知らないより、知ったうえで参考にしていただければと思います。

バレンタインデにチョコをあげるのは本命という意味?

まず最初に、バレンタインといえば、チョコレートだと思います。そのチョコレートにはどんな意味があるのでしょうか?

バレンタインのチョコの意味は「あなたと同じ気持ち」とか「これからも今まで通りの関係でいましょう」という意味があります。または、特にチョコレート自体には特別な意味を持たないようなので、自分の思いやその人との関係性で判断して渡すといいでしょう。

意味としては悪い意味はないので、恋人でも友達にもあげやすいですし、バレンタインのプレゼントとして誰にでもあげやすいですね。

ちなみに、ホワイトデーのお返しにチョコレートを贈る場合は、「これまでと同じ関係でいましょう」という意味があるようです。

バレンタインにあげるお菓子の意味とは?

バレンタインにあげるのは、チョコ以外にもいろいろなお菓子をあげる場合もありますよね。

次に他のお菓子の意味について、それぞれ見ていきましょう。

クッキー

クッキーの意味は「友達でいよう」です。
クッキーのそのサクサクした食感や一度に沢山作れてしまう手軽さから、軽い関係や気軽な関係、楽な関係の意味の「友達でいよう」という意味がこめられているようです。

バレンタインの時期になるとお店にも並んでいる、定番のお菓子であるクッキーですが、意味を知っている人は少ないと思いますが、義理で渡す場合や友達にあげるのに適していると言えそうです。

マカロン

マカロンの意味は「あなたは特別な人」です。

マカロンといえば、作るのにも手間がかかり特別な感じがしますし、お店でも高級感のある存在なことから、あなたは特別とか特別な存在という意味となったようです。ですから、マカロンは本命の彼にあげると良いですね!

カップケーキ

カップケーキの意味は「あなたは特別な人」という意味です。
こちらはマカロンと同様の意味があります。

カップケーキは、作るのにはそんなに難しくはありませんが、見た目のかわいさやデコレーションにによっては高級感も出ますし、お店でも綺麗に仕上げられたものも売っていますので、本命の彼にあげるお菓子として準備できます。

キャンディー

キャンディーの意味は「あなたが好き」という意味です。

キャンディー(金平糖も含む)は、口の中にいれて長い時間味わえますし、保存も長期間出来ますので「長い時間あなたと一緒にいたい」という事から「あなたが好き」という意味になったようです。

なので、キャンディーは好きな彼に自分の気持ちを伝えたい、本命の彼に贈ると最適です。その意味からも義理チョコとしてあげるのはあまり適してないでしょう。

キャラメル

キャラメルの意味は「一緒にいると安心する」という意味です。

キャラメルを食べると甘い味が口いっぱいに広がり、どこか懐かしいような安心する感じから、「一緒にいると安心する」という意味になりました。キャンディー同様に恋人や家族、仲のいい友達にプレゼントしてもいいですね!

バウムクーヘン

バウムクーヘンの意味は「幸せが続きますように」です。

何層にも生地が重なっていることから、「今の幸せがいつまでも続きますように」とか「幸せがいくえにも重なり大きくなりますように」といった意味になったようです。

良く結婚式でも引き出物として使われていますよね。今付き合っている彼や結婚している方だったらご主人に贈るのに最適ですね!

マドレーヌ

マドレーヌの意味は「仲よくなりたい」という意味です。

マドレーヌの形は貝の形をしていますよね。貝殻は上下2枚がぴったりと合わさることから、円満な関係を想像させます。これからもっと仲良くなりたいとか親密になりたいという思いが込められています。

まだ出会って間もない関係性の方、もっと仲良くなりたいと思っている人に贈るプレゼントに良いかも知れませんね。

マロングラッセ

マロングラッセの意味は「永遠の愛」という意味を持っています。

栗をたっぷりの砂糖で何日もかけて煮詰めてブランデーで仕上げるマロングラッセ、古代ローマの英雄アレキサンダー大王が愛する妻にこの手間暇かけたお菓子を贈ったことからヨーロッパでは永遠の愛を誓う証として男性が女性に贈る習慣になり、そこから「永遠の愛」「永遠の愛を誓う証」となったようです。

そんな意味から、こちらも本命に対して大好きなあの人に、大切な旦那様に贈るのに良さそうですね!

ドーナツ

ドーナツには「あなたのことが大好き」と「お疲れ様」という意味があります。

この意味の由来は英語から来ていて、ドーナツには穴が開いていますが、その穴のことを英語でholeと言います。「あなたがたくさん好きです」を英語で ”I like you a whole bunch”といいます。穴のholeとwholeをかけて”I like you a hole bunch”となり、あなたのことが大好きという意味になったそうです。

また、もう一つの意味は、「お疲れ様」という意味があります。ドーナツの丸い形が縁起が良いとされていいる事や、お年寄りの方が良く食べていることから、「お疲れ様」という意味もあるそうです。

あと一つは、特に意味は無いとも言われています。

このドーナツはいくつかの意味がありましたが、「大好き」という意味もあるので、義理チョコであげる場合は誤解のないように避けたほうが無難かもしれません。

バレンタインに選ばない方がいい意味のものとは?

逆にバレンタインで選ばないほうがいい意味のものがあるのでしょうか?
幾つかあったのでご紹介します。

一つ目は、マシュマロ!

マシュマロの意味は「あなたのことが嫌い」です。

甘くてフワフワのマシュマロですが、その意味は口の中に入れるとすぐ溶けてしまうので、「その程度の関係でいたい」とか「消えて欲しいほど嫌い」と言ったマイナスの意味になってしまうので、バレンタインのプレゼントには選ばない方が良いお菓子かもしれません。

二つ目は、グミ!

グミの意味は「嫌い」です。

由来は特に無いらしいのですが、マシュマロと同じくグミも「嫌い」と言うメッセージになってしまうので、誤解されない為にもバレンタインにあげるのは控えた方が良いでしょう。

特に意味がないお菓子とは?

また、特に意味を持たないとされているお菓子もあります。

それは、チョコレート、ケーキ、プリン、ミルフィーユ、ドーナツ、和菓子などがあるようです。

ですが、先程見たようにチョコレートやドーナツなどは意味があるという説もあるので参考程度にして、自分の思いをメッセージカードや手紙に書き添えるなどして渡してみましょう!

お菓子別意味の一覧表

お菓子 意味 渡す相手
チョコレート あなたと同じ気持ち 本命、友チョコ
クッキー 友達でいよう 友チョコ
マカロン あなたは特別な人 本命
カップケーキ あなたは特別な人 本命
キャンディー あなたが好き 本命
キャラメル 一緒にいると安心できる 本命, 友チョコ
バウムクーヘン 幸せが続きますように 本命
マドレーヌ 仲よくなりたい 本命, 友チョコ
マロングラッセ 永遠の愛 本命
ドーナツ あなたのことが大好き 本命
マシュマロ あなたのことが嫌い 要注意
グミ 嫌い 要注意

まとめ

本命に贈る場合、あげた方が良い意味のお菓子は結構沢山ありましたね。避けた方が良いものは「クッキー、マシュマロ、グミ」でした。ダメではないですが、勘違いされると大変なので、手紙などでメッセージを添えるのが良いでしょう。

義理チョコや友チョコにあげる場合も「マシュマロ、グミ」は避けたほうが無難でしょう。その他にも「特別な人、大好き」といった意味の持つお菓子も勘違いされてしまう可能性もあるので注意が必要です。

以上、バレンタインにあげるものの意味についてまとめてみました。バレンタインにどんなものを贈るかまだ決めかねている方は、参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました