スパイファミリー8話でユーリの持ってきた花束が違う?

スパイファミリー ユーリ 花 アニメ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)のテレビアニメ第8話が放送され、ヨルの弟のユーリ・ブライアが登場しました。

電話越しでの声だけの登場は第2話であったものの、画面上での登場は今回が初登場となります。

いよいよ最強のシスコン「ユーリ・ブライア」の登場で、皆さんの期待も高まっていたと思います。

フォージャー家を訪れるために花束を持っているユーリですが、原作を読んでいた人は「あれ、何かが違う?」と思われた方もいたかもしれません。

この記事では、アニメスパイファミリーでフォージャー家を訪れたユーリ・ブライアの持っていた花束が、原作と違っていた?について考察しています。

スパイファミリー漫画でユーリが持っていた花束とは?

スパイファミリーのテレビアニメの8話のシーンは、漫画の原作では、第11話(MISSION:11)と第12話(MISSION:12)で描かれているストーリーになり、ほぼ同じお話になっています。

ですが、一か所だけ違っていた部分がありました。それが、フォージャー家を訪れた時にユーリが持っていた花束です。

漫画の花束は、白い花束で見た感じ「胡蝶蘭」の様に見えます。

「胡蝶蘭」といえば、結婚式のお祝いの席でもよく使われ、その花言葉は「幸福が飛んでくる」とか「純粋な愛」という意味があります。

ユーリがただ純粋に姉さんの結婚のお祝いしたくて「幸福が飛んでくる」という意味でこの花を選んだのか、ユーリの姉さんに対する「純粋な愛」を示しているのかは…定かではありません。

スパイファミリーアニメでユーリが持っていた花束とは?

スパイファミリーのテレビアニメでユーリがフォージャー家を訪れた時に持っていた花束は、真っ赤なバラの花束でした。

そうです、花束の種類が変更されていました。

赤いバラの花の花言葉は「情熱・愛情・美」を表し、西洋での赤いバラの花言葉も「Passion(情熱)」とか「I love you(あなたが大好きです)」や「Love(愛情)」などの意味があります。

また、花言葉にはその数も意味に関係していて、今回の話の中に出てくるユーリはとても大きなバラの花束でした。ちなみに赤いバラの花100本に意味は「100%の愛」です!

ですから、この場合シスコンであるユーリの気持ちは、大好きな姉さんに対するユーリからの「最大限の愛情」を表しているのかもしれません。

まとめ

今回は、アニメスパイファミリーでフォージャー家を訪れたユーリ・ブライアの持っていた花束が、原作と違っていた?について考察していきました。

テレビアニメではユーリ・ブライアが持ってきた「真っ赤なバラの花束」でしたが、あなたは、どの様に感じたでしょうか?

次回も姉さん大好きユーリとフォージャー家とのハチャメチャなひと時を楽しみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました